07-PTA おやじの会 活動報告

2020年3月20日 (金)

<2019年度PTA、おやじの会 活動報告>

<2019年度 PTA および おやじの会活動報告>

今年度のPTAおよび、おやじの会主催行事へのご参加、ご協力いただき誠にありがとうございました。
下記のリンクをクリックすると、Facebookにて今年の活動内容がご覧いただけます。

  1. 2019/03/01    《高等学校の卒業式》
  2. 2019/04/05 《平成最後の入学式》
  3. 2019/06/01 《遊行寺懇親会》
  4. 2019/06/15,16《第90回 藤嶺祭》
  5. 2019/07/06 《PTAフォーラム》
  6. 2019/09/14 《藤嶺ゼミナール開講》
  7. 2019/11/09 《第17回 遊行寺セミナー》
  8. 2019/11/23 《PTA主催ソフトバレー大会》
  9. 2019/12/14 《藤嶺ゼミナール/遊行塾の修業》
  10. 2020/01/03 《箱根駅伝をトーレくんと応援しました》
  11. 2020/03/10 《高等学校の卒業証書授与式》2020/03/01

 

 Tore-kun_300300px ← 藤嶺藤沢PTA オフィシャルFacebook  

 

|

2019年1月14日 (月)

《箱根駅伝を応援します2019》2019.1.3

この新春も生徒会有志を中心に学校に集まり、遊行寺坂でトーレくんと箱根駅伝を応援しました。
沿道での応援を通じて、大学受験を控えた藤嶺生と、藤嶺藤沢を目指す受験生に、エールを送ることもテーマにしています。
サブグラウンドでは「2019 亥」の地上文字も作成されました。

PTAの陶芸サークルでは干支をモチーフにした小皿を作成していただき、近隣から応援にいらした皆様に配布されました。

さすがに気温は低かったものの好天に恵まれ、大学生選手たちの熱い走りとともに、今年も清々しいスタートを切れました。

26229805_322136678299127_227117250883706

|

2015年5月20日 (水)

5月9日、10日藤沢粉もんフェスティバル出店報告

去る5月9日(土)、10日(日)に湘南テラスモールにて開催されました藤沢粉もんフェスティバルに藤嶺藤沢炒麺を出店いたしました。その報告です。

Konamon1 Konamon2 Konamon3 Konamon4 Konamon5 Konamon6

|

2015年5月12日 (火)

藤沢粉もんフェスティバルにご参加いただいた保護者の皆様

この度はお忙しい中にも関わらず、藤沢粉もんフェスティバルでの藤嶺藤沢炒麺の出店にご協力をいただきまして、誠にありがとうございました。
おかげさまで、初日300食、二日目350食を完売することができました。
この粉もんフェスタは初めての催しであったうえに、我々も初めて学校を飛び出しての参加となり、至らない点も多く、色々と皆様にはご迷惑をおかけしたことと思います。
それにもかかわらず皆様のご尽力と、チームとしてのお互いの協力でやり遂げることができ、たくさんのお客様に喜んでいただけたと思います。
またトーレくんと生徒達も頑張ってくれて、学校をPRすることもできました。

今週はいよいよ創立100周年の式典や船上パーティー等があり、また6月には藤嶺祭を迎えます。
今後も皆様とご一緒に子供達の笑顔と成長に、何がしかのサポートができたらと考えております。
あらためて今回のイベントのご協力に感謝を申し上げますとともに、今後とも引き続きお力添えのほどよろしくお願い申し上げます。

藤嶺藤沢PTA おやじの会

|

2015年5月 9日 (土)

藤沢粉もんフェスティバル 1日目 藤嶺藤沢炒麺完売しました!

湘南テラスモール(東海道線辻堂駅直結)で開催されている藤沢粉もんフェスティバルへ、PTAおやじの会の藤嶺藤沢炒麺を出店しました。

11時から開店し、2時ころまでに予定の300食を完売いたしました。

トーレくんも応援に駆けつけてくれ、炒麺を売りながら、藤嶺学園藤沢中学高等学校の100周年のPRも行う事が出来ました。

ご協力いただきました保護者の方々、会場まで来て、お買い上げ頂いた方々に厚く御礼申し上げます。

明日(5月10日)も11時開店予定です。もしお時間がありましたら、ご来場ください。

Perstext_20150509_4

 

|

2013年10月 6日 (日)

10月5日:遊行寺セミナーを開催しました

10月5日(土)の14時より、中学棟地下ホールに於きまして「遊行寺セミナー」を開催致しました。

例年は6月に開催しておりました遊行寺セミナーですが、今年は学校行事との調整もあり10月の開催となりました。

20131005_01中学からの6年一貫生は高校卒業まで茶道(茶道)の授業が有ることは保護者の皆さんはご存知のことと思います。しかしながら、親である我々がその茶道に触れる機会は中々ありません。

という訳で、今年の遊行寺セミナーでは茶道をテーマに取り上げました。生徒に茶道のご指導をして頂いている原田先生にご協力をお願いし、息子たちが茶道を習っている茶道教室で先生からお茶をいただく作法についてご指導いただくというものです。

20131005_03 以上のような案内をお出ししたところ、毎年多数の方に参加いただいております遊行寺セミナーですが、今回も60名以上の方々にご参加いただきました。(さすがに60名が一度に茶道教室に入ることはできないため、2つの班に別れ、片方の班がお茶の指導とお茶を頂いている間に、もう片方の班は藤嶺の茶道についてのビデオを鑑賞するという進行になりました)

20131005_02 原田先生から冒頭、藤嶺の茶道教育についてや、藤嶺の卒業生との思い出のお話等をお聞きしたあとは茶道教室に移動し、実際にお菓子とお茶をいただくための作法をご指導いただきました。その際には茶道の授業における普段の生徒たちの様子なども紹介いただきながら、一つ一つ、丁寧にご指導いただきました。

20131005_04 ひと通りの作法を教えて頂いた後は、毛氈が敷かれたお茶席に座り、実際にお菓子とお茶(薄茶)を頂きました。この際、サークル遊(藤嶺藤沢保護者によるサークル活動)の茶道グループのお母様方にご協力を頂き、60名以上のお菓子とお茶の用意をしていただきました。又、途中でやり方がわからなくなった場合などにもサークル遊の方に教えていただく等、サポートもしていただきました。

こうして、(ちょっと私語が多かったと、原田先生からのご注意も受けながらですが(^_^; )無事に遊行寺セミナーの茶会が終了しました。

20131005_05 セミナー終了後には遊行寺の大広間に移動して懇親会を開催致しました。懇親会に参加頂いた方々からは、数多くの「よかった」、「今後も同じ内容のものを開催してほしい」というお声を多数いただきました。

最後となりましたが、今回の企画につきましては、学校は勿論、原田先生、そしてサークル遊の茶道グループの方々のご協力なくしては実現できないものでした。関係各位のご協力、ご尽力に改めてお礼申し上げます。今後も、このような藤嶺藤沢の特徴をご紹介するようなPTA企画を実現していきたいと考えますので、よろしくお願いします。

|

2013年1月14日 (月)

洗足学園と合同のソフトボール大会を開催しました

2012年11月25日(日)、藤嶺藤沢PTAおやじの会と 洗足学園中学高等学校のお父さんの会「Fathers'」 合同でのソフトボール大会を開催しました。

前回(1年前)は洗足学園の方々をご招待して行いましたが、今回は洗足学園の溝の口のキャンパスにご招待を頂きました。

昨年は洗足学園のFathers'の前に1勝もできずに終わった藤嶺藤沢おやじの会、今年も大苦戦が予想されました。

今回は双方のお父さんと先生が参加しての2チームずつの編成で試合を行いました。

藤嶺藤沢で試合をする場合は野球部グラウンドを使用するので1試合ずつ行います。しかし、洗足学園は幼稚園から音楽大学まであり、キャンパスやグラウンドも大変広々としており、2試合を並行して行うことができました。

試合の方は2チームが2試合ずつ行い、今回は全敗は免れ、2チームとも1勝1敗で終わりました。

試合終了後は校舎内のカフェテリアで、試合風景のスライド等を映しながら懇親会を開き、息子と娘という違いはあるものの、父親同士で親交を深めることができました。

PTAとしても他校を訪問することは中々無いことですので、他校の保護者の方や先生方と交流し、情報を交換できたことは大変有意義であったと考えています。今後も、このような企画の機会があれば是非実現して行きたいと思います。

Img_3206 溝の口駅近くにある洗足学園さんのキャンパスは、大学等も併設されており、とても広く、綺麗でした。人工芝になっているため、グランドの状態も前日の雨天の影響がほとんどない状態でした。

Fathers' にはソフトボールの愛好会もあるらしく、ユニフォーム姿の気合の入ったお父さんの姿もありました。

Img_3212 洗足学園の前田隆芳校長先生の開会の挨拶。

Img_3218 各チームに分かれてプレイボール!

グランドが広いため、2試合を並行して行うことができました。

Img_3259 昨年は1勝もできずに終わりましたが、今回は各チームが1勝1敗で終わりました。最後には洗足学園と藤嶺藤沢の先生だけでの対抗戦も。結果は・・・。

Img_3297 今回も怪我人も出ず、楽しく試合を終えることができました。

試合後はカフェテリアをお借りしての懇親会も開かれました。

今回の企画では洗足学園の校長先生をはじめとする、先生方、PTAのFathers'の皆さんのご尽力で楽しい1日を過ごすことができ、大変感謝しております。

ありがとうございました。

|

2011年12月 3日 (土)

おやじの会ソフトボール大会を開催しました

2011年11月27日(日)におやじの会主催のソフトボール大会を開催しました。

Img_2954 今年は洗足学園中学高等学校のPTAより、父親の会“Fathers'”をお招きしての対抗試合となりました。洗足学園は前田校長先生が率いる1チーム。対する藤嶺藤沢は中学生のお父さん中心チーム、高校生のお父さん中心のチーム、藤嶺藤沢の先生主体のチームの計3チームが参加しました。

Img_3058 昨年は武相中学高等学校をお招きして大勝した我が校。今年もと意気込みましたが・・・。結果は洗足学園チームが無敗の完全勝利。更に、大会の進行を手伝ってもらった藤嶺藤沢野球部チームと洗足学園チームの試合も行いましたが、野球部チームは惜しくも敗れてしまいました。

洗足学園のFathers'の皆さんは普段からソフトボールの練習を行い、ユニフォームまで作られており、そもそも年に1度しかソフトボールをやらない藤嶺藤沢おやじの会が「勝てる」と思うのが間違いなのでした・・・。

試合終了後には濱谷校長先生もご一緒に藤沢駅近辺で、優勝チーム(勿論、洗足学園チームです)の表彰式と懇親会を行いました。女子高である洗足学園と男子校である藤嶺藤沢。普段は中々話をする機会など持てない学校同士ですが、同じ「男親」という立場で大変盛り上がった懇親会になりました。

おやじの会では来年度も藤嶺藤沢のお父さん同士だけではなく、他校の保護者の方々とも交流する機会を設けていきたいと思います。ご都合が合えば、是非ご参加下さい。

また、このソフトボール大会は毎回藤嶺藤沢の野球部の生徒達が試合の進行を手伝ってくれています。野球部の生徒達にもお礼申し上げます。ありがとう!

|

2010年12月12日 (日)

おやじの会ソフトボール大会を開催しました

去る11月28日日曜日、例年恒例のソフトボール大会が本校の野球場で開催されました。

20101128_001 当日は朝から快晴で、風もない小春日和、大会には絶好のコンディションです。特に今年は特別ゲストとして、武相中学・高等学校の先生とおやじの会の皆様も参加されることとなり、各参加者たちのやる気もますます盛り上がっていたようです。

本校の野球部員たちが早朝から整備してくれていたグラウンドで、午前10時から開会式がおこなわれました。続いて入念な準備体操のあと、10時45分にいよいよプレイボールとなりました。

参加者たちは中学保護者チーム、高校保護者チーム、教職員+PTA役員チーム、そして武相チームの4チームに分かれ、一試合40分の総当り戦で優勝を争いました。

20101128_002 熱い戦いが繰り広げられましたが、そこはレクリエーションの大会ということで、特別ルールが設けられています。守備は11名で行い、攻撃側はバントなし、盗塁なし、リードなし。特に女性参加者には三振もなく、バットに当たるまで打席に立ち続けることができるなど、参加者の誰もが楽しむことができるよう、配慮がなされていました。

審判や裏方は野球部員が手伝ってくれました。バッターがバッターボックスに立つと、BGMを流したり、実況中継になんと爆笑必至の解説まで加えてくれて、グラウンドは終始和気あいあいでした。試合はランニングホームランあれば、ダブルプレーありの好ゲーム、濱谷校長先生がピンチヒッターとして打席に立つ場面もありました。最後には番外編として参加者有志とお手伝いをしてくれた野球部チームの対抗戦も行って好評のうちにソフトボール大会は閉会となりました。

20101128_00320101128_00420101128_006

20101128_007 大会終了後は記念館に移動して懇親会&表彰式が行われました。優勝したのは教職員+PTA役員チーム。2位:高校保護者チーム、3位:中学保護者チーム、武相チームは残念ながら最下位となってしまいましたが、ぜひ来年は雪辱を果たしたいとリベンジを誓いました。また、それぞれの学年や学校を超えて親交を深めることができました。

おやじの会では4年前から秋のレクリエーション企画としてソフトボール大会を開催し、多くの保護者の方々の参加を頂き、毎回好評を頂いてきました。来年以降も継続していきたいと考えておりますので、今年参加できなかった皆さんもぜひ来年のソフトボール大会を楽しみにしていてください。

|

2010年6月25日 (金)

第7回遊行寺セミナーのご報告

6月19日に、PTAおやじの会の主催による第7回目の遊行寺セミナーが開催されました。今回のテーマは『笑顔を引き出す話し方のコツ』です。講師には落語家の桂歌助師匠をお招きししました。普段から自然な笑いを自ら作り出す話術の難しさを感じている方が多くいらっしゃるからでしょうか、笑いのプロをお招きした今回の企画には、多くの参加者が集まりました。当日は、どんよりと蒸した梅雨空にも関わらず、遊行寺セミナーとしてはこれまでで最高の参加者数、160名余の方が来場し、定刻にセミナーが始まりました。

今回の講師である桂歌助師匠は、落語芸術協会会長である桂歌丸師匠を師と仰いで1985年に入門し、1999年に真打に昇進されました。落語以外にも、2000年にはTBSの看板番組『水戸黄門』へ出演され、また普段から教育現場で講演会の講師を引き受けるなど、落語の話術や笑いを通して広く活動を展開していらっしゃいます。

20100619_yugyojisemina1 師匠は東京理科大学数学科出身で自然科学の素養をお持ちのせいか、講演はいきなりNK細胞と笑いの関係という謎めいた話から始まりました。ご存知の方も多いと思いますが、NK細胞は免疫を司る細胞のひとつであるNatural Killer細胞の略称で、体内に侵入してきた外敵である異物を攻撃して体を防御する重要な役割を担っています。 このNK細胞の数は、落語を聞いた後は聞く前よりも増えるという実験報告があるのだそうです。なぜ、落語を聞くと増加するのかというと、以下のような説明が考えられています。まず、落語を聞くと面白いので笑います。笑うときにはお腹を動かしますので、有酸素運動と同じように体内に多くの酸素を取り込むことができます。すると、体内活動が活発になるため、NK細胞が増加する、というものです。笑いには人と人との潤滑油としてだけでなく、人体を健康に導く効果もあるようです。

その笑いについてですが、師匠によると笑いには二通りあるそうです。ひとつは思い出し笑い。乳児がお腹の中で聞いていた音楽を生後に聞いた時に表すような笑いです。もうひとつは気持ちよさがもたらす笑い。

そして、この気持ちよさを感じる笑いを生み出すのは、

  1. 高低、大小、遅速の調節などによって変えられる声
  2. 仕草
  3. ねた

の3つの要素なのだそうです。落語家は声が作り出すリズムや間に仕草を加え、さらに同音異義語が生み出すネタとしての意外さ面白さを修行によって学びます。以下に小噺の一例をご紹介します。

「先生、顔ってどう書くの?」
「そりゃ、左側は彦で右側はページだ」
「じゃ、頭はどうかくの?」
「そりゃおめえ、左側は豆で右側はページだ」
「違うよ、頭はこうやってかくの(といって頭を掻いてみせる)」

もうひとつ。

「かあちゃん」
「なんだい」
「パンツ破れた」
「またかい」

20100619_yugyojisemina2 文字にしてしまうとたわいもないネタが、生き生きとした小噺に変身する芸を見せて頂きました。万事このような調子の巧みな話術とテンポに乗って、瞬く間に時間が過ぎ、講話が終了しました。短い休憩を挟んで、続いて古典落語の「金明竹」、「替り目」という2つの演目を披露して頂き、最後は踊りの「奴さん」も披露して頂き、盛況のうちに終了の時間が来ました。20100619_yugyojisemina3

『笑顔』を引き出す努力と工夫に支えられた芸に接することで、改めて笑顔を引き出す難しさを感じた方もいらっしゃったかもしれません。 それでも、思い出し笑いもよし、笑わせてもらうもよし、時に下手なダシャレで苦笑されるもよし、笑いと共に過ごしたいものです。

また、セミナー修了後には遊行寺内の大広間にて懇親会を開催いたしました。懇親会にも80名程の方々がご参加いただき、親同士の情報交換・歓談で、予定時 間があっと言う間に終わってしまいました。

さて、今回は先生方、PTA実行委員、会場設営に参加してくださった多くのボランティアの皆さま方のご好意にささえられて事前の準備も滞りなく整えることができました。また参加してくださったみなさま方のご協力で熱のこもった意義深いひとときをすごすことができました。改めて感謝いたします。

最後に習ったばかりの謎かけをひとつ。

『息子の成績』とかけて『謎かけ』と説きます
その心は
『どちらも落ちが気になります』

おあとがよろしいようで。

★桂 歌助師匠の噺がもっとお聞きになりたい方へ・・・

10月7日 横浜にぎわい座 桂歌助独演会

他にも歌助師匠のHP「歌助かわら版」にも多数出演予定の情報が掲載されています。

|