03-PTA の活動報告

2020年3月20日 (金)

<2019年度PTA、おやじの会 活動報告>

<2019年度 PTA および おやじの会活動報告>

今年度のPTAおよび、おやじの会主催行事へのご参加、ご協力いただき誠にありがとうございました。
下記のリンクをクリックすると、Facebookにて今年の活動内容がご覧いただけます。

  1. 2019/03/01    《高等学校の卒業式》
  2. 2019/04/05 《平成最後の入学式》
  3. 2019/06/01 《遊行寺懇親会》
  4. 2019/06/15,16《第90回 藤嶺祭》
  5. 2019/07/06 《PTAフォーラム》
  6. 2019/09/14 《藤嶺ゼミナール開講》
  7. 2019/11/09 《第17回 遊行寺セミナー》
  8. 2019/11/23 《PTA主催ソフトバレー大会》
  9. 2019/12/14 《藤嶺ゼミナール/遊行塾の修業》
  10. 2020/01/03 《箱根駅伝をトーレくんと応援しました》
  11. 2020/03/10 《高等学校の卒業証書授与式》2020/03/01

 

 Tore-kun_300300px ← 藤嶺藤沢PTA オフィシャルFacebook  

 

|

2019年3月 4日 (月)

《高等学校の卒業式》2019.3.1

20世紀が終わり、21世紀へと時代が変わる2000年から2001年に人生をスタートさせた世代の高校3年生が、卒業式を迎えました。

藤嶺藤沢で過ごした経験が、きっとこれからの学びに活かされ、道のりを豊かにしてくれるはずです。

Life is not about finding yourself.
人生とは、自分探しではない。
Life is about creating yourself.
人生とは自分を作り上げることだ。

平成が終わり、新しい元号が始まるこの年に飛び立っていく卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

53533137_579131745932951_399009531744065 53267046_579133619266097_634546109057859 52840295_579133625932763_232087776986660 53233355_579133599266099_941798650550419

|

2019年2月12日 (火)

《茶道男子の卒業茶会・修了茶会》


藤嶺藤沢の生徒は、剣道と茶道が必修科目となっています。そしてこの季節に中3生は「卒業茶会」、高2生は「修了茶会」として、保護者家族にお点前を披露します。

中3はクラスのグループごとに役割を分担して、袴姿も凛々しくおもてなしをします。
小学校を卒業した3年前のことを思い起こすと、普段気付かずにいた子供の成長を感じます。

高2は二人一組で亭主と半東を交互に務め、亭主はそれぞれ自分の家族である客に、正面から対峙します。
そして正客には、陶芸の授業で自作した茶碗が出されます。

掛け軸も自分達が選んだ言葉を筆書きし、その席でそこに込められた意味を説明します。

写真の「耐雪梅花麗」(ゆきにたえてばいかうるわし)は、「梅の花は冬の雪に耐えた後に、春になって美しく咲く…元広島カープの黒田投手の座右の銘で、西郷隆盛が甥に送った漢詩」との伝でした。

元はエリート武士の嗜みであった茶道。
高い志と、今この瞬間を完全燃焼する一期一会の精神が、深い教養へとつながることを感じさせられます。

生徒達はまだそこまで深い思慮は、自覚していないかもしれません。
それでも茶席で緊張するその姿は、真剣である証。
その空気感に感動があります。

52292237_568223183690474_202354926141256 51649286_568223167023809_248068225013645

|

2019年2月11日 (月)

《遊行寺セミナー:能楽師 山井綱雄氏講演》2019.1.19

年に続き、当校の卒業生で金春流能楽師の山井綱雄様に、遊行寺の大広間にて講演会にご登壇いただきました。
能楽の歴史から、海外を回っていく中で日本の精神性が世界から求められていることを強く感じられたこと等々、示唆に富んだお話しを沢山いただきました。
また「羽衣」等の代表的な能の仕舞や謡を、お弟子さんの村岡能楽師と共にご披露いただきました。
更には有名な「高砂」を、参加者の皆さんで一緒に謡う体験もさせていただきました。
その後には懇親会にもお付き合いいただき、打ち解けて能楽の裏話等もお聴きすることもできました。
今まで能に馴染みがなかった方々にも、本物の能に間近で親しんでいただく貴重な時間となりました。

 

山井様と村岡様には学校の遊行塾にて、生徒達に能のお稽古をしていただいています。
27021316_330879737424821_89044734176971551656854_567955427050583_416959946837249 52382821_567955413717251_45895315720922726961718_330880847424710_139316911729261

|

2019年1月14日 (月)

《箱根駅伝を応援します2019》2019.1.3

この新春も生徒会有志を中心に学校に集まり、遊行寺坂でトーレくんと箱根駅伝を応援しました。
沿道での応援を通じて、大学受験を控えた藤嶺生と、藤嶺藤沢を目指す受験生に、エールを送ることもテーマにしています。
サブグラウンドでは「2019 亥」の地上文字も作成されました。

PTAの陶芸サークルでは干支をモチーフにした小皿を作成していただき、近隣から応援にいらした皆様に配布されました。

さすがに気温は低かったものの好天に恵まれ、大学生選手たちの熱い走りとともに、今年も清々しいスタートを切れました。

26229805_322136678299127_227117250883706

|

2016年10月30日 (日)

体育祭の警備等にご協力を賜りまして、誠にありがとうございました

体育祭にご協力いただいた保護者の皆様

この度は体育祭の警備等にご協力を賜りまして、誠にありがとうございました。
おかげさまで大きな混乱もなく、無事閉幕することができました。

校長先生から伺いましたところ、今回の体育祭で行われた競技は生徒たちが企画し、ルールも決めていったそうです
その工夫があって、スポーツが得意な生徒もそうでもない生徒も、みんながそれぞれに力を発揮し、ひとつになることができました。

見ている私たちも歓喜したり、ジーンとする瞬間が多くありました。
そして気温は下がってきましたが、皆様に見守られ、グラウンド全体が温かな空気に包まれているように感じました。
改めて感謝申し上げます。

今後も引き続き、生徒たちの笑顔と成長にお力添えをお願い申し上げます。
ありがとうございました。
藤嶺藤沢PTA
会長 柿沼誠

|

2013年11月 4日 (月)

第9回藤嶺藤沢PTAフォーラム:中学校編を開催しました

11月2日(土)に第9回藤嶺藤沢PTAフォーラム:中学校編を開催致しました。

昨年に引き続き2回の開催となったPTAフォーラムですが、1学期に実施した1回目は毎年大学受験情報を中心とした高校保護者向けであるのに対し、今年の第2回めは「藤嶺中学における教育方針と学校生活の様子」をテーマに中学校の学校生活に焦点をあてて行いました。

Img_4370 まず、第一部はNPO法人ジェントルハートプロジェクトの理事(代表)を務める小森新一郎氏をお招きし、「心と命を感じる講演会」と題する講演を行っていただきました。

小森氏は1998年に当時高校1年生だった一人娘の香澄さんを学校でのいじめが原因で亡くされました。その後、「優しい心が一番大切だよ。その心を持っていない、あのコたちの方がかわいそう」という香澄さんの言葉から名づけた「ジェントルハート(優しい心)」というNPO法人を立ちあげられ、「いじめ」をなくすための活動を続けていらっしゃいます。

Img_4369 藤嶺学園中学校でも数年前からこのジェントルハートのご協力を得て、生徒たちといじめについてのワークショップなど行っています。

フォーラムの講演では香澄さんを亡くされた前後のご自身の経験だけではなく、今年度公布された「いじめ防止対策推進法」などいじめ問題についての取り組みや、いじめを受けているかもしれない子供に対する接し方の注意点など、普段中々じっくりと聞くことができないお話を聞かせていただきました。

続いての第二部では、参加申し込み時に頂いた質問事項などを元にして、中学校生との学校生活の様子や、カリキュラム、クラブ活動等々についての学校の取り組みや、ルール等々について佐野教頭先生からお話いただきました。

このPTAフォーラム(中学校編)は、数多くのPTA関連の企画イベントの中でも、ご子息の学校生活を知る事ができる企画となっております。来年以降も引き続き開催していきたいと思っております。

さて、最後にPTAからのお知らせがございます。

◆書籍購入について

フォーラムの講演でもご紹介しましたが小森美登里さん(小森新一郎氏の奥様)が出版された下記の書籍を小森氏のご好意により、いずれも1部1,000円にて販売致します。

PTAで取りまとめを行いますので購入をご希望の方は ghbooks@100fujisawapta.jp まで下記をご連絡ください。

  • 購入を希望する書籍の番号(又はタイトル)
  • 購入する冊数
  • ご子息の学年、クラス、出席番号、氏名
  • ご本人のお名前

締め切りは11月16日(土)までです。

◆PTAからのお願い事項

先日来、下記の通り皆さんのご協力を頂きたい事項がございます。下記に詳細を掲載しております。いずれのお願いもまだ必要人数に達していない状態です。(11月4日夜現在)
ご都合のつく方、是非、ご協力をお願いいたします。

|

2013年7月28日 (日)

第8回PTAフォーラムを開催しました

去る7月20日、中学・高校の保護者の方々を対象に第8回PTAフォーラムを開催致しました。

当日は今年の猛暑を象徴するような暑い日であったにも関わらず、230名以上の方々にご参加をいただきました。

この夏のPTAフォーラムは2008年より大学受験の最新情報と藤嶺の大学受験への取り組みをテーマに毎年実施しており、多数の保護者の方々に参加頂いている毎年恒例の人気企画です。

今回も、ベネッセ社の大宮様のご協力を得て、大学受験状況の最新情報を提供いただくと共に、多様化する試験方式や、その注意点、受験に向けての勉強の進め方や家庭の支援などについても実例を交えながらお話いただきました。

又、今年から進路指導担当となられた永井先生からは、藤嶺生の傾向や、学校としての取り組み等々についてもお話いただきました。

特に永井先生が話しの中で英語学習の推薦テキストとして採り上げられた参考書・問題集には保護者の方々の興味が集中し、濱谷校長先生の総括が終わり、フォーラムが終わった後もタイトルを書き留めたり、携帯カメラで撮影される方が多数いらっしゃいました。

PTAでは来年以降も同様の企画を引き続き継続していきたいと考えております。今後共PTA活動にご理解とご協力をよろしくお願いします。

※お詫び※

当日はメイン会場の地下ホールに収容しきれない方々には、別の教室でビデオ生中継で視聴して頂く予定でおりましたが、機材のトラブルにより中継ができず、急遽地下ホールの通路などに椅子を持ち込んで見ていただく形となりました。ご参加頂いた方々には大変狭苦しい状況となってしまい、申し訳ありませんでした。

20130720_001 20130720_002 20130720_003 20130720_004 20130720_005 20130720_006

|

2013年6月16日 (日)

遊行寺懇親会 を開催致しました

6月15日、遊行寺の大広間をお借りして“遊行寺懇親会”を開催致しました。

これは今年初めての試みとなるPTAの企画イベントです。学校のお隣の遊行寺の大広間をお借りして、藤嶺藤沢に息子を通わせる保護者同士で、ざっくばらんにおしゃべりしていただこうという企画です。

又、保護者だけではなく、先生方にもご参加をお願いしました。いつもは先生方からのお話をお聞きするだけですが、今回は先生方に保護者から質問をしたり、また各家庭での様子を聞いていただいたりと、双方が話して、聞くことができる会にしたいと企画を致しました。

保護者からは50名以上の方々がご参加をいただきました。又、学校からは校長先生はじめ、高校の松井教頭先生、中学の佐野教頭先生のほか、様々な学年の先生にも参加をして頂きました。少人数のテーブルに分かれて、ケーキと飲み物をお配りして、午後1時過ぎから、先生方にはテーブルを変わっていただきつつ、3時間以上、どのテーブルも熱いおしゃべりが続きました。

今年初めての企画でしたが、参加いただいた方からは、今回だけでなく、2回目、3回目も期待しているという感想を頂けて、役員一同大変嬉しく感じました。

時期は未定ですが、遊行寺懇親会は年2回の開催を予定しておりますので、今回ご都合が合わず不参加となった方も、次回是非ご参加下さい。

Img_3768 Img_3774 Img_3775 Img_3781

|

2013年1月27日 (日)

新春謝恩コンサートを開催しました

1月26日(土)に藤沢駅近くの「ル・クラシック」において、新春謝恩コンサートを開催致しました。

このコンサートは今年で第3回目を迎えました。これまでは江ノ島に会場を借りて行って来ましたが、今年は藤沢駅の近くの「ル・クラシック」さんに場所を移し、より学校に近い所で行うことができました。

当日はお天気もよく、30名の方々にご来場頂きました。

このコンサートは堅苦しいものではなく、毎回ケーキと飲み物を楽しみながら、くつろいだ雰囲気で本格的なクラシックの歌と演奏と楽しんでもらうために始めました。

第一部は藤嶺藤沢の高3の保護者でもいらっしゃる栗田麗子さんのピアノによる ベートーヴェン作曲 ピアノソナタ第26番「告別」で始まりました。

そして、その後は、栗田さんと同じく毎回出演を頂いているソプラノ歌手の米島美穂子さんと、今年初めて出演していただいた男性のテノール歌手 宮西一弘さんとの共演と、古川習さんのピアノ演奏でシューマン作曲の二重唱曲「踊りの歌」、「彼と彼女」、「アタナを想って」、「夜に」、「愛の庭」、「恋する者のセレナーデ」、「家族の肖像」と聴かせて頂きました。

曲の間々にその曲の由来や、聞き所などの解説をお話いただきながら進めていただけたので、こういうジャンルに全く縁のない私でも、とてもわかり易く、楽しむことができました。

少し休憩を挟んで第二部は、やはり毎回出演をお願いしているソプラノ歌手の鴨志田啓子さんと古川習さんのピアノ演奏で シューベルト作曲の「アヴェ・マリア」、カッチーニの「アヴェ・マリア」。

しっとりとした曲が2曲続いた後はガラリと雰囲気が変わって、女性に恋する男性のちょっと熱い感情が伝わってくるファルヴォ作曲のカンツォーネ「彼女に告げて」。

そして、最後は再び栗田さんが リスト作曲の「メフィスト・ワルツ」第1番「村の居酒屋での踊り」を弾いて、今日のプログラムは全て終了となりました。

今年の開場は昨年までより少し狭くなりましたが、その分演者の方々の声や演奏をより間近に聞くことができてよかったのではないかと思っています。

PTA総会などの事務的な行事はまだ残っておりますが、PTAが企画するイベントとしてはこのコンサートが今年度最後の催しとなりました。受験などでお忙しい方も多い中、多数ご来場いただき役員一同大変感謝しております。ありがとうございました。

Img_2771_2

Img_2775 Img_2790 Img_2780 Img_2795

|